輝け!!沖縄の青年農業家(兼マネージャー)


こんばんは。
豊嶋です。
 
先日、農家を見学する機会がありまして、
青年農業家の実態を潜入調査してまいりました。
 
その日、向かったのは南部の農場。
少し迷いました。(3キロぐらい)
 
ようやく到着し、即長靴に着替え、早速、畑へ移動。
その日は生憎の曇り空で、前日の雨のせいか土もネチャっとしておりましたが、そんなことは気にせず(※)、
ゴーヤ、なす、じゃがいも、パッションフルーツ、きゅうり、いちご、トマト、にんにく、などなど、
いろいろな作物の植わる畑を車で移動し、見学させていただきました。
※青年以外。ドロガッツリの長靴で、青年の自家用車に乗り込み移動したため。
doro
中には、関係者以外立ち入り禁止(青年のおじさんの許可がいる)の場所もあったりして、
ドシロウトながら、畑を見せてもらう中、核心をつく質疑応答、深いコメントを残しました。
 
「ほ〜、畑はすごくいいですね。やっぱり癒されますね。」(浅い!)
 
そして、見学のあとは、しっかり野菜果物のおみやげをもらい、
農家の将来 について、青年とカフェで熱く語りました。
 
その結果、近く、農業で世界平和に貢献する(意気込み)の新企画が実現しそうです。
それはまた別の機会に紹介することとしましょう。
 
omiyage
今回感じたこと。
 
今、ITが仕事の中に当たり前に組み込まれている時代に、
土と緑に触れる普遍的な仕事、農業をする事は、
人間としての生活バランスをとるために、
必要かつ有効な手段だと実感しました。
 
差し支えなければ、是非、今後とも畑に足を運ばせていただこうと思います。
(ハブ出没注意!)
 
 
豊嶋


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA