意外!昭和臭漂うスペースディベロップメント施設!


どうも。豊嶋です。
 
えーと、先日、視察して参りました施設について少々。
 
なんせ、スペースですから、スペース。(宇宙)
前の日から、ワクワクドキドキです。(古語)
 
「きっと、すごーいハイカラなんでしょうね!」
「行ったことないけど、大人なのにアガるぜ!」
「俺、宇宙行く。行く。」
 
口には出しませんでしたが、
完全に、心のなかで、想像全開でモリ上がってます。
 
まず、行きの道がいいです。
うちの地域じゃありえないほど、うねりまくってます。
 
右!左!左!右!蛇行!蛇行!蛇行!!
今思い出しても酔います。
 
==============================
アンテナ見えてきたよ~!
アレだよアレ!!
あそこにアルよ~!
いや~酔った甲斐あったなー。
 
~到着~
(・・・・え・・・・コレ・・・アレ?)
 
びっくりするぐらい年季の入った、
昭和な、どっかの博物館風の建物登場!!!!!
 
~駐車~
警備員のおじさん「もっと寄せて駐めて!出られないから!プンプン」(古語)
~視察(社会科見学)~
 
・ボタン一つで、「ジー」と地球を回り続ける人工衛星模型。ジー・・・。(アナログ)
o0800118912484704064
・鏡を見ながら、絵をなぞる訓練。(アナログ)
・高速ドッキングで事故多発シミュレーションゲーム(デジタル)
・PCでのリクルート情報閲覧(デジタル)
 
~帰り~ (遠くを見つめながら。)
・・・・あー、でも良かったよね。身近に感じられたね。スペース関連。
なんか、就職とかイケそうな気がしたもんね。
 
それに、きっと、あの施設の見えている部分は仮の姿で、
地下にすごい施設があるんだよね。
そうだよ。そうに違いないよ。
警備員のおじさんも、昔はきっとスペース関連でバリバリやってて、
「なあボク、宇宙は好きかい?」なんて言ったりして。
==============================
・・・まとめます。
 
「まずは行ってみて、感じようよ!」
 
何かを知るには、それが一番てっとり早いと、今回非常に感じました。
いままで自分で「手が届きそうもないな~」と思っていたことも、
実際、行ってみて、触れたりしてみると、なんというか急に距離感が縮まって、
「俺やれるかもしれない」という根拠のない勇気が湧いてきます。
つまり、チャレンジスピリッツが生まれるわけですよ!
そしたら意識が変わって、行動がちょっと変わって、確度がちょっと上がるでしょ!
 
おれもオーストラリア行こっと。
 
 
豊嶋

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA