【ニュース】沖縄の飲食サービスかくありき


こんにぢは。
豊嶋です。
東北なまりニュースの時間だす。(やりません。)
 
先日、魚の美味しい、居酒屋でのお話。
 
とりあえず生ビールと、アルコールフリーの瓶を頼む。
 
来た。
 
ちなみにココのお店は、刺身のお作りが激安。
うに、いくらがこんもり。
まぐろ、貝、カンパチ、白身が3切れずつぐらいで、、、
 

500円!!(つぶれっぞ!)

これだけで、行く価値あると思います。
 
しばらくすると、店員さんがやってくる。
注文してないのに、ジョッキを持ってる。
 

By: 4E institute

「あのー、生ビール、間違って作りすぎたんで、よろしければどうぞ。」
(まじかー!ラッキー。普通は捨てるからね。うんうん。いい心がけです。)
 
 
また、しばらくして、、、
 
 
「あのー、アルコールフリーの瓶、まちがって栓開けたんで、よろしければどうぞ。」
(まじかー!!!!!!!!!!?)
 
新規顧客囲い込みの営業戦略かと思うぐらい。
 
素晴らしい、本当に。
普通は捨てます。
目先の売上を追うなら、一杯分の注文が減るわけですから、お店にとっては損です。
 
でも、こんなことされてしまうと、また、お店に来たくなる上に、
この高ぶる気持ちを、思わず人に話したくなります。
(実際に2人に話しましたし。)
 
じつに懐の深いサービスです。
 
〜どこからともなく、野太い声で。〜
 
「解説しよう。
実はこの店はアルバイトも含め全ての従業員に対して、店の数字を公開している。
その数字を知っているからこそ、従業員は店全体のことを考えることができ、
一杯のビールの価値を何倍にもするサービスを考え、判断・実行できるのだ。」
 
・・・(誰?)
そうなんです。
 
そして、このことは、会社にも言えると思います。
 
社長が社員に対し、全ての数字を晒せる勇気があれば、
社員は、一緒に考え、行動し、耐え、喜べます。
組織が真の力を発揮します。
 
組織が一体になり、全体の成果をあげるためには、
こうした少しの勇気がきっかけになるということを痛感しました。
 
やりますね。
(ほら、記事にもしちゃったし。)
 
豊嶋


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA