下町復興プロジェクト「ガーブ川不動産」


※これはフィクションです。

 

そこは小じんまりとしたオフィス。

 

ガーブ川商店街の中にある。

 

人が段々と減っていきつつあるこの商店街に、危機感を感じた一人の主婦が立ち上げた。

 

ここで店を閉じる人たちは、決して生活に苦労していない。

いっちょ上がった人ばかりで、趣味で店をやっている。

だから、いつ店を閉じてもかまわないと思っている。

 

さくっと閉じる。

人がいなくなる。

ゴーストタウン化

 

 

そこで目を付けたのは、資金のない若者向けの不動産サービス。

 

店をやりたいが資金はなく、そしてこんな古い街の不動産情報はどこにあるのかわからない。

 

それをまとめたのが、ガーブ川不動産だ。

情報があれば、人が集まりまた発展していく。

今、独立思考の若者から注目が集まっている。

 

 

豊嶋

※これはフィクションです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA