「水くさいじゃないか」〜自伝「オレはウサンクス。」第4章より〜


オレが何かで困ったら、真っ先にアンタを頼りにするよ。
 
いいだろ?
 
だって、そうじゃないか。
 
どこの馬の骨かわからないオレを信じてくれた。
どこの馬の骨かわからないオレに飯を食わせてくれた。
オレのやってることをバカにしなかった。
オレを家族に紹介してくれた。
オレにアドバイスを求めてくれた。
オレという人間を尊重してくれた。
 
そんなアンタしか、オレは頼れる奴がいないんだ。
 
それと、オレはこれからもアンタに世話になるつもりでいる。
だから、そっちが勝手に遠慮してたら、今度オレが頼りたい時に頼れなくなっちまう。
 
そういうことだから、なんか困ったことがあったら、オレに頼って欲しい。
まあ、一緒になって悩むという結果になるかもしれないが。
 
このでっかい世界で出会ったオレとアンタだ。
水くさいのは、オレは嫌だね。
8ff1e7b8e6fc06ef64a5360ddbc4b11a.jpg
ウサンクス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA