【名言・格言】沖縄の大社長が息子に残した言葉〜親愛なる元同僚に捧ぐ〜


たくさんの花が飾られていた。
 
その社長には、沖縄の多くの人間が世話になった。
社長は最後の最後まで、人に家族に、自分の弱音や苦しみを見せなかった。
 
沖縄の激動の時代を駆け抜けた。
たくさんの人生を背負い、駆け抜けた。
 
そんな大きな社長が、息子に残した言葉。
DSC00074

「人には優しくしろ」

「苦しくても、歯を食いしばって頑張れ」

「有限実行」

 
毅然とした態度で、謝辞を述べるご子息。
立派だった。
 
その日、真夏日の沖縄の新都心では、小さくも渋滞が起きていた。
 
 
豊嶋


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA