沖縄県庁、那覇市役所裏に昭和臭コワーキングスペース「ノマどん」出現!


「へ〜、ステルスマーケティングっていうんですか。」
豊嶋です。
 
沖縄県庁、いや正確に言えば那覇市役所の裏に、こっそりとコワーキングスペースができた。
DSC04087
 
そこは昭和の臭いが色濃く漂う。
ちょうど立ち上げの現場におじゃまさせてもらった。
 
名前は「ノマどんぐり」

略して「ノマどん」(ほぼ原型)

10262018_518979654873294_1358144187635082918_n
※公式キャラクターの名前も「ノマどん」
 
ここは会員制コワーキングスペースであり、会員は好きな時(とはいっても9時〜20時)に部屋を利用できる。
そして何より面白いのは、ここのコンセプトがかけだし企業家達の「トキワ荘」でありたい、ということだ。

 
そこの女性社長は語る。
 
かつての「トキワ荘」という場所は、大御所漫画家が肩寄せ合って暮らした場所。
それにあやかり、未来の大企業家が意見交換し、交流し、集う場所を作りたい。
 
さて「ノマどん」に私が行ってみて感じた、メリットとデメリットを紹介しよう。
 

◎「ノマどん」のメリット

DSC04090
DSC04073
DSC04082
DSC04081
DSC04078
DSC04083
・プリンター、WIFI、エアコン、トイレ(シャワーも?)使い放題で月額1万5千円チョッキリ!(今のところ)
・なんとビルの4階にあるのにエレベーターなし!階段!健康に良い!
・二部屋利用可能だから、合わせて4(部屋)KK!
・365日毎日利用可能!
・収納多め。
・日当たり、風通し良し。
・靴箱完備!
・なんと和室有り!
・シャワーじゃ満足できないアナタ!浴槽付き!(使用禁止)
・県庁、市役所に近いから、ギリギリまで公募などの資料を作れる!
・隣がコンビニ!更にクリーニング屋も併設!
・モノレール県庁駅から歩いて、ちょうどいい距離!(5分ぐらい)
・ここの社長は話がわかるし、下の階にいるからすぐ相談できる!
・たまに寮生を集めて、パーティをする!
・冷蔵庫に飲み物あり!(下のコンビニまで降りなくてイイ!明瞭会計、全部100円!)
・湯沸かしポット完備!(カップ麺も売ってるから必須。)
・はじめての人も安心!お触りし放題の共有ipad!
 

◎「ノマどん」のデメリット

DSC04085
・駐車場はない。最寄りの場所に自分でアレする。
・トイレのドアが開閉しにくい。
・居心地が良すぎて、居眠りしてしまう。
 
 
 
・・・というわけで、新たなコンセプトのコワーキングスペースが ”ココぞ”という場所にできた。
あとは、これからどんな人がココに集まってくるのか楽しみだ。
 
ちなみにここの社長は、若干30代のシングルマザー社長。
このスペースの構想から実現まで、たしか1ヶ月足らずでやってのけた。
驚くべき判断の早さと実行力。
 
そんな社長とも交流できるノマどんは、僕らの夢の実現を一気に早めてくれるかもしれない。
 
 
※お気づきの方へ。
ええ、私がちょっとだけ関わってます。
あ、ステルスマーケティングっていうんですね。
 
 
 
豊嶋


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA