実話!トイレを我慢してはいけない理由〜会社で起こったゾッとする怖い話〜


オレは見ました。
豊嶋です。
 
※お食事中の方は、食べ終わってから読んでね。
 
会社で残業していた。
 
夜10時頃にトイレに行った。
 
男子トイレの入り口の床に、”茶色い”斑点が点々とついていた。
 
その斑点は小便器の列を通り過ぎ、一番奥の個室まで続いていた。
 
中から人の気配は感じられない。
 
個室のドアを恐る恐る開ける。
 
すると、、、、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床にズルっと滑った跡!

そう!

誰かが途中で漏らしちゃったの!

 

 
(おーこわ。)
 
彼の身に起きたことを想像してみよう。
よほど大事な会議の最中だったのだろう。
トイレを我慢しようとする気持ちはよく分かる。
 
「途中でトイレに立ったらアレかな。失礼かな。」
「なんかよくないかな。」
「なんかマズイよね。」
 
とか考える。
 
空気を読んでその社員は我慢し、我慢し、我慢し、やっと終わってダッシュしたのだろう。
でも間に合わなかった。
 
トイレに到着する前に限界を越えた。
トイレに入る前にズボンは汚れ始めた。
それでも個室まで行った。
自分の通った跡に”茶色い斑点”があることを知りながら。
そして、今誰かが入ってきたら。。。
 
さらに問題はその後、、、
 
「帰りはどうするの?」
「パンツとズボンどうするの?」
「ニオイどうすんの?」
「今後の会社での扱いは?」
 
(うおーーーーこえーーー)
 
 
 
 
ということで彼は身を持って教えてくれた。
彼に代わり、社会人何年目かのキミにこの言葉を捧げよう!
 

「どんな重要な会議の途中でも、すぐトイレに行け!」

 
トイレを我慢するな。
黙ってでもいいから、すぐ席を立って行って来いということ。
 
もし漏らしてしまったら、その後どうなる?
ハイリスク、ノーリターン。
 
・リターン:我慢出来た。ふつう。ハイそれだけ。
・リスク:漏らしてしまった自分、それを目の当たりにした人、片付ける人。臭い。着替え。その後の学校・職場での扱い。アダ名。
(考えるだけでゾッとする)
※他の場合も、感情を排除して現実に起こることを比べれば、すぐに判断できるはず。
 
何のメリットもないのに我慢し我慢し失敗したアナタを見て、周りはこう思う。
 
「アンタ何やってんの?いい歳こいて。トイレに行きたいなら行けばいいのに。。」
 
そして、この話をすると必ず言われること。
「実はそのトイレ話、自分(豊嶋)だったりして〜???」
 
断じて違います!
(確かに、そうなりそうな場面は多々有りました。)
 
 
豊嶋

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA