沖縄で中華を食べたいなら安里に行け!〜沖縄中華街の予感〜


食べ物屋さん選びで悩むと「中華!」と言ってしまいます。
豊嶋です。
 
沖縄はなぜか中華の店が少ない。
とくに少ないのが、街の中華屋的なお店。
東京にいたころはたくさんあった。
毎日通った。
あの独特の風味が忘れられず、今日も那覇の街をさまよう。。。
 
さて感傷はこのくらいにして。
実は沖縄で中華屋が密集している地域が唯一(?)ある。
それは安里という地(モノレールの駅でいうと牧志が近いんだ)
 
この地には半径300メートル、いや200メートル以内にごっそり中華屋があります。
どうですか〜?よだれ出ちゃうでしょ〜?
 
では早速、せっかちで有名な中華好きのために、お店&実食所感を紹介。
DSC09389
(あ〜、夕方になると、中華が恋しくなるな〜)
 
「ゴールデンスワロー(金燕楼)」
中華居酒屋。
ここね、中国の大衆食堂をイメージして作ってます(ワイワイガヤガヤ)
オープンな感じの店で全然気取ってないのがいい。
それでいて清潔感がありますね〜。
辛い料理がなんてったって、うまい。担々麺がキラー。
四川料理がベースと思われます。あとリーズナブル。
 
「漢謝園」
中華食堂。
ここは味で勝負してる感じ。
外観は、本場赤と金色に彩られた中華の店。
作ってるのもアッチの人だから本物の中華(?)
餃子(焼き、蒸し、水、揚げ)が売り。10個で500円!
ボリューム満点。あと五目焼きそばが好き。
たまに、中国の方でごった返してる。
どこの地方の料理かは不明だな〜。
 
「チャイナクイック」?
中華食堂。
東京のチャイナクイックはデリバリー専門。
でも沖縄のチャイナクイックはイートインできます!
お手軽スタンダード中華ならココ!?
 
「三国」
中華食堂だね。
ここに行って、びっくりしたこと。
マーボードーフランチ、300円!!!!!!!!!!!
ご飯、ザーサイ、卵スープ、おかわり自由!!!!
夜の飲み食べ放題も3000円を切る!!!
すげ。
 
「篁園(おうえん)」
ここは福建料理のお店。
たしか魚麺という珍しい料理があった。
ぜひチャレンジ!
ここも中華居酒屋。
 
「四川飯店」
ロイヤルオリオンに入ってる中華レストラン。
陳さんのお店だから、信頼と実績があるので、言うことありません。
 
以上です。
 
最後の方の紹介が、雑ですみません。
もう夕飯の時刻が迫っておりまして、中華禁断症状がでてきました。
遠い祖先は中国人、いや大陸の人だったのかもしれません。
韓国には僕に似た人がたくさんいるそうです。
 
こうして改めて考えると、地理的にも文化的にも、沖縄に中華街がないのが不思議です。
でもこれから、安里はゆっくりと自然に中華街になっていく予感がします。
そして僕の顔がパンパンに肥えていく予感がします。
 
 
豊嶋浩平(退部したいクラブ活動は「デ部」)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA