二度見!桃色電話の憂鬱〜些細なことも慎重に〜


偏りのない色がイイと思います。
豊嶋です。
 
ケータイが壊れた。
USB差込口カバーのパッキンが外れた。
防水端末が防水できなくなった。
 
修理のため、やむなく訪れたケータイ屋さん。
貸し出していただいた代替え機。
IMG_2733
※いつもどおり、写真は本件と一切関係ありません。
 
その色、ピンク。
しかも小さくてキャワイイ端末。
 
豊「まじっすか??ほかのないんですか!?」
店「これしかありません」(キッパリ)
豊(ほんとかな〜〜〜。。)
 
やがて、知人から電話の声が聞こえにくいというクレーム。
それはケータイより顔がでかいから。
耳に当ててると、口にとどいていないから。
トランシーバーのように使いこなす。
 
落とし穴2。
防水と聞いていたその代替機。
調べてみたら、なんと非防水。
 
if、気づかなかったら、、、

なにげなく水洗い。

故障。

買取?

ピンクの電話所持者。

疑惑。

沖縄の桜坂周辺では、ニュースター誕生の噂。

モロモロ引き締まる思い。(すみません)
 
そんな何気ないところで、お店のクオリティ、気遣いの底が知れる。
 
なんでなんだい?
他の色あったよね?
紫でも緑でもいいんだよ?
どうして、ピンク(確定)を選んだんだい?
中年が、ピンクのピチTシャツ着て行ったからって。
 
豊嶋浩平


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA