消えたヒラタさん〜行列弁当屋の看板娘事件簿〜


※これはフィクションです。

 

俺のバイト先、行列のできる弁当屋さん。

そこに看板娘のヒラタさんという方がいる。

看板娘と言っても、結構お年を召した方。

なので、移動スピードがすこぶるアレだ。

 

朝の弁当配達。

その時間は忙しいを超えて戦争だ。

俺はヒラタさんと弁当を配達することになった。

 

現地に着く。

ヒラタさんに気をつかって、
俺より大分少ない数の弁当を台車で運んでもらうことにした。

一緒にエレベーターで、目的地の地下一階に行く。

時間ギリギリだったので、とにかく急いで台車を降ろす。

俺の台車を先に降ろす。

 

(う、重い。。。うんしょ、うんしょ)

 

重いが、ヒラタさんに手伝わせるわけにはいかない。

一人でなんとか降ろして、ヒラタさんの方を振り向く。

 

「さ、ヒラタさん・・・」

By: Hajime NAKANO - CC BY 2.0

(って、いないじゃん!!!!)

 

エレベータのドアが閉まってる。

慎重に台車を降ろそうとしたであろうヒラタさんとともに、

エレベーターは5階(最上階)まで上がっていく。

 

※これはフィクションです。

 

豊嶋浩平


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA