ダイエットの島〜なにもないゴミの無人島が生まれ変わる〜


※これはフィクションです。

 

その島にあるものといえば、ゴミとモズク。

何もない。毒ヘビもいない。

 

そこは無人島。

村はこの島をどう利用していいものか頭を悩ませていた。

 

新しく駐在することになった肥満気味の商工会の男。

悩みを聞くなり、一言。

 

「よしっ、こりゃ好都合だ。」

DSC03697

自身体重に悩んでいたからこその発想。

彼が考えた企画。

 

名付けて「ダイエッ島」

 

企画内容はこうだ。

まず、ダイエット企画参加者の宿泊施設は、村の使われていない体育館。

娯楽はなにもない。食べ物さえ用意されていない。

 

そこでの食料を得る唯一の方法。

無人島に渡り「ゴミを拾うこと」

拾ったゴミの重量に応じて、島のモズクと水に交換してもらえる。

やらなきゃ自動的に断食。

そしてモズク(そんなに量食えない)と水だけでは痩せるのが畢竟。

 

ゴミ拾いと高栄養価低カロリーのモズク食で、

あっという間に、参加者と島の、余分なものがなくなっていった。

 

参加者は県外だけでなく、県内からも殺到した。

ちょうどその頃、県では県民の肥満率を改善する政策を行っているところだった。

村が表彰されたのは言うまでもない。

 

※これはフィクションです。

 

豊嶋浩平


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA