タクシー運転手が口にしたある意味怖い話〜オマエも赤くしてやろうか〜


暑くて寝不足!
豊嶋です。
 
タクシー運転手「嫌いです!」
 
観光地で乗ったタクシーの運転手は言い放った。
私が”この土地は好きか”と尋ねた刹那の、意外な答え。
なぜかと理由を尋ねた。
 
タ「この土地の人はね。昔あった嫌なことをぶり返すんです」
IMGP0659
運転手さんは他県の出身。
家族の事情で20代の頃に、こちらへ越してきた。
運転手さんは続ける。
 
タ「小さな頃から、この地が嫌でね〜。3歳の時に帰省でここに来て、次の日に帰るってせがんだよ」
豊「へ〜、よく覚えてるもんですね〜」
(3歳の時って、、、相当昔、、、)
 
タ「役所勤めをしてたんだけど、親父の事情でこっちに。その頃から親父が嫌いでね〜」
豊(え?それってまさに・・・)
 
そう。
運転手さんが、過去の嫌なこと、ブリ返しちゃったる!!
 
タクシーの運転手さんは、この土地の性格にどっぷり染まっていたのだった。
『朱に交われば赤くなる』
それは、たとえ己が嫌であっても、容赦無く。
だから、そこが嫌なら抜け出す努力を。
 
「オマエも赤くしてやろうかーっ!!!!」
降車の際、そんな声が聞こえたとか、聞こえなかったとか。
 
豊嶋浩平

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA