ご注意!マダム、そこそこ…ソコじゃないのよ!〜モノレールの優先席から〜


いただいた名刺はとっておくタイプ。
豊嶋です。
 
沖縄唯一の電車。
モノレールに乗った。
 
今や観光客や市民の立派な足となっている。
数年前まではガラガラだった。
今では通勤や観光客で大にぎわい。
時間を問わず、席もだいたい埋まっている。
優先席には、ジェントルマンやマダムが座っている。
 
そんな当たり前の風景の中、事件は起きた。
 
大きく鳴り響く、着信音の音。
その方向は、目の前に座る優先席マダム。
おもむろにケータイ(もちろんスマホではありません)を取り出す。
 
(ピッピっ)
 
「あ〜、もしもし〜。うん、今モノレール〜。うんうん・・・」
 
ぎょっとした。
そこは優先席。
携帯電話の使用はもちろん禁止だ!
というか「電源を切ってください」と書いてあった。
 
僕は注意しようか迷う。
しかしその時、彼女の隣に座っていた友人マダムが肩を叩く。
電話している彼女に注意する(ナイス!)

「あんまり大きな声で話さないで!」
(チガーーーーーウ!!)
 
友人マダムは残念ながら、不正解。
確かにケータイマダムの声も大きかったが、そこじゃあない。
 
そして、改めて”ケータイ”についての注意文を見てみた。
そらそうか。文字はなかなかの小ささ。
これじゃあ、目の良い若者には見えたとしても、実際に優先席を利用する老眼には見えない。
思わぬ盲点。結果、優先者が意図せずマナー違反。
 
というわけで、字の大きさは注意ですよ!
あとイラストは、スマホだけでなくケータイも!
 
豊嶋航平(PHS所有者)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA