落差!ハサミ上手のドラッグクイーン〜自由の中の良心〜


僕もイベントやります。
豊嶋です。
 
意味不明で、無名のイベントに誘われた。
そのイベントは、子供達のダンスパフォーマンスで始まった。
 
夜20時開始のイベント。
意味不明で、演者も無名なのに、そこにはかなりの客がいた。
 
(さては、この客たちは、この子達の父兄だな)
 
学芸会の発表か?と思い、帰ろうと思った。
と思ったら、今考えると、それはジャブにしか過ぎなかった。
 
3時間後。
ラストショー。

素っ裸のフルちんドラッググイーン。
(ギャップっ!!)
 
そこには自由があった。
あれこそ自由。表現の自由。性別を超える自由。
心も体も裸になってイイ自由。構成さえも自由。
ファッションも、既存のものから選んでるうちはまだまだ。
ないから作ればイイというところまで行って、初めて自由。
感じたままを表現する。やりたいままを表現する。
それでいて、それは自分を解放する自由。
他人の自由を邪魔しない自由。
オープンリレーションシップ。
自由を追い求めた上で、行き着く良心。
 
そういう意味では、
彼が、ひたすら股間に挟み込んで隠していたモノ。
それも、彼の中の良心なのかもしれない。
 
豊嶋浩平

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA