ノンフィクション昔話「うさぎと主婦」


usagisyufu
※以下の物語は、「うさノート」への応援コメントとしていただきました。
※コメント本文は本人の許可を得て、掲載しております。
(豊嶋)
 
むか~しむかし あるところにごくごく普通の専業主婦のおばさんがいました。
(どこまでがごくごく普通と言うのかはよくわかりませんが・・・)
ある日、おばさんは このままでは本当に普通のおばさんになってしまう・・・と
「脱!!専業主婦 ネットショップを始めました」
と友人知人に手当たり次第はがきを出してしまいました。
「あれ? まだ商品集めてないよ~」
「まっ なんくるないさ」
・・・・・何とかなりました。 扱いたい商品はすぐに集まりました。
それからたくさんの「勘違い」に持ち上げられ、やりたい事まっしぐらの
楽しい日々を過ごしていました。
そこにある日 2匹のうさぎさんがやってきました。
このうさぎさん達ときたらそれはそれは真っ赤な目が輝いていて
毎日楽しい発見の連続です。
おばさんはまたまた「勘違い」の虫が騒ぎはじめて来ました。。。
うさぎさんうさぎさん
これからも仲良くよろしくね
「笑う門には福きたる」
毎日たくさんの笑顔の花が咲き誇りますように・・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA