使い切れない金の使い方〜生き金とは〜


リバウンド中です、体重が。
豊嶋です。
 
行政で、金が余ってる。
使い切れない。
沖縄でよく耳にする言葉です。
 
実際に、ほぼ意味のない短期海外研修。
ほぼ意味のないWEBサイトリニューアル、WEBプロモーション企画、たくさん見たな〜。。。
 
〜〜っと、それを踏まえまして、
それでは、良いアイディアを一つ。
 
1年間だけで、消化しなければいけないという条件付きならば、、、
DSC03138
人を呼びなさい!
 
例えば、年収1000万円の人を呼ぶとして、
200万円は企業が負担するとして、800万円は助成金として行政が負担する。
 
それで、1年で、億単位の仕事をしてもらって、利益が出たら、来年も契約続行!
 
県内の企業にナレッジが落ちるし、いいと思います。
 
あと、
DSC03138
看板を多言語化しなさい!
 
だってさ、沖縄は観光立県の地でしょ?
そのぐらい当たり前でしょう。
1年でできるでしょう。
その点、台湾は日本語の看板あったな〜。
 
そ・れ・か、
DSC03138
人を海外に出しなさい!
 
日本の少子化に向け、
出生率日本一の沖縄の人材が日本を背負っていくのは必至。
 
やらなきゃ、今までどおり、労働力として、アウトソーシング先として、手足として使われるだけ?
 
それはないな。
 
2、3ヶ月じゃあ、意味ないよ。
3年は外に出しましょうね。
 
メリットとしては、
その子の言語力が身につく。
グローバルな考え方が身につく。
あと、沖縄のイイ広告塔になってくれる。
戻ってきて、沖縄の戦力になる。
 
いいんじゃない?
 
人の成長・体験に使ったほうが、よっぽど、生き金になるんじゃない?
 
どうでしょう?
ご検討のほど、よろしくどうぞ。
 
そして是非、僕をオーストラリアに 行かせてください!
(やはり、それが目的かっ!)
 
 
豊嶋

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA