世界初!完全自然エネルギーの島「OKINAWA」


※これはフィクションです。

 

可能性の島。

 

日本の最南端に位置する県。

OKINAWAが世界初を成し遂げた。

 

化石原料に頼らない、100%自然発電の自治区となった。

 

本事業は、補助金を全面的に投入した一大プロジェクト。

県を挙げて推進された。

 

今までの火力発電に代わり、風力発電、太陽光発電、潮力発電、振動発電を導入したのである。

 

沖縄は地の利を全て活かした。

・車社会=振動発電

・海=潮力発電

・日照時間=太陽光発電

・台風=風力発電

 

一度仕組みを作ってしまえば、半永久的に燃料の心配はいらない。

 

 

この件は、世界的に、沖縄のPRになった。

元々のリゾート地であることに加え、世界から視察団が訪れた。

またこのコンセプトに共感した移住者が殺到したのだ。

 

現在、日本では「沖縄第二首都」構想も計画されているという。

 

この事業は、あるベンチャー企業が裏で噛んでいるということが誠しやかにささやかれている。

しかしながら、その企画の全容は明らかにされておらず、今回の件もその一部でしかない。

まだまだ沖縄の進撃は止まらない。

この島の可能性は、いい意味で未知数だ。

 

 

豊嶋

 

※これはフィクションです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA