映画館で画期的なサービスを提供「トイレ休憩」


※これはフィクションです。

 

映画館で画期的なサービスの提供が始まった。

 

■サービス名

・「トイレ休憩」

 

■内容

・映画を前半後半に分け、ハーフタイムとして10分間のトイレ休憩がある。

 

■解決する課題

・長い映画の途中でトイレに行き、内容を見逃してしまうことを防ぐ。

・また、客がドリンクを追加購入するなど、売店の売り上げにも貢献。

 

 

豊嶋

 

※これはフィクションです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA