世界一外国人にやさしい街「沖縄県」


※これはフィクションです。

 

沖縄県が「世界一、外国人にやさしい街」に選ばれた。

 

理由は、非常にシンプル。

沖縄では、県内全域の道路を含む案内看板が多言語化されているのだ。

 

ちなみに現在翻訳されている言語は以下のとおり。

 

英語

スペイン語

中国語

ヒンディ語

フランス語

ポルトガル語

インドネシア語

アラビア語

(もちろん日本語を含む)

 

これは、世界の主要使用言語を網羅している。

慣れない土地に旅行し、そこに自国の言語で書かれた看板があることは、外国人にとっては非常に安心だ。

その結果、今回の1位に選ばれた。

 

 

そして、この多言語看板には外国人観光客誘致効果の他に、もう一つの嬉しい誤算がある。

 

それは、沖縄県内の子供らの語学力向上。

日頃の生活の中で、他言語に触れることにより、自然と興味が喚起された。

親の方も、子供から文字の読み方を聞かれ、答えるために調べ、結果学ぶこととなった。

 

学力全国最下位が謳われて久しい沖縄県。

外国人観光客のための看板多言語化が、県内の語学力向上という思わぬ嬉しいオマケをもたらした。

 

豊嶋

 

※これはフィクションです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA