だったら行ってみたら?「ハンディキャップカフェ」


※これはフィクションです。

 

ハンディキャップのある方々が店を営業しているカフェがある。

 

少々セルフサービスが多い所を除けば、サービス内容は至って普通のカフェと変わらない。

 

そこではハンディキャップをもった方々と色々話ができる。

 

ただ世間話をするなら、どこだって構わないがココの本領は

相談を聞いてもらえること。

 

が、相談しても完全に叩きのめされる。。。

 

ただし心に火も付けられる。

 

自分の悩みが如何に小さいか。

ないものねだりで、いかに甘いのかを知らされる。

 

自分がまだまだやれることがあるということを思い知らされる。

 

これはとある県の福祉事業の一環。

就業の需要と供給のバランスにおいて成立しており、また収益の面でも成功を収めている。

 

 

豊嶋

※これはフィクションです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA