過疎の価値〜人のいない場所を求めて〜


※これはフィクションです。

 

村長が言った。

「うちの村は、今でも人が少ないのに、また人がどんどん減っていく。どうすべな〜」

 

青年会の男が言う。

「いや。だからいいんだべ〜」

 

村長「??」

 

青年「誰もいねがら、何ぼカラオケの練習しても、文句言われね〜もの〜」

 

村長「!!」

IMGP0248

それからだった。

有り余る土地の中に点在する空き家は、音楽スタジオへと改築されていった。

 

 

人っ子一人いない、喧騒からは隔離された場所。

そこは創作に集中するには、うってつけの場所だった。

 

人が近所に住んでいないから、夜は音ひとつしない。

多少大きな音を出しても、誰の迷惑にもならない。

スタジオには必要なものが、全て揃えてあった。

注文すれば、村で採れた新鮮な食材を使った弁当の宅配も利用できた。

 

隠れ家的、音楽村。

人知れず、ここからたくさんのヒット曲が生まれた。

 

一躍有名になったアーティストたちは、環境維持のため村に多額の寄付をした。

皆が村の存続を望み、協力した。

村はアーティストにとって、なくてはならない場所となっていた。

過疎ということ自体が、価値となったのだった。

 

青年は、今日も練習に励む。

村長にもらった最新鋭のレーザーカラオケで。

 

※これはフィクションです。

 

豊島浩平


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA