遅い!社員の辞表は最後の切り札〜アゲたりサゲたり〜


転職経験があります。
豊嶋です。
 
とある軽めの雑談の中。
 
彼「辞めるの、確定しました」
豊「え?そうなの?それはもう言っていいの?」(いきなり重くない?)
彼「大丈夫ですよ」
豊「へ〜・・・」
 
彼は優秀な社員。
社内でももちろん慰留にあったそうだ。
 
さて、慰留者側の対応。
まずはシタテに来る。情にすがる。
理由を探る。お願い。持ち上げる。好条件提示。持ち上げる。
 
効かない。
 
今度はウエカラくる。
dsc04158
「お前はこれからも、そうやって人生を逃げるのか!!」(スゴイのきたーー!!!)
 
もちろん、その捨てゼリフは全然効かない。
むしろハズい(会社=人生?)
というわけで、彼の退社意思確定。
 
(シャッチョーサン!オッソーイヨー)
 
社員が辞表を出すのは、ほぼ最後の切り札。手遅れ。
溜まりに溜まっちゃってるからね。
その前に、ちゃんとお話を聞いてあげましょうね。仕事のことね。
辞めるって言ってから、好条件提示とかは呆れられますよ?
そういうとこですよ?
 
僕なんて、軽めの(社交辞令的な)慰留しか受けたことがないので、
そういうこまっちゃうような上司の発言は聞いた事がありません。
 
豊嶋航平(なぜだー!!)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA