片っぽだけの靴下〜沖縄のある意味怖い話〜


この話は、もともとウソノートに投稿したんですが、
よく考えたらノンフィクションだったので、こっちに引っ越します。
豊嶋です。
 
これは、沖縄在住のYさんから聞いた話。
 
Yさんの勤める食堂に、よくやって来るオバ様がいた。
 
そのオバ様が、とある日、出かける準備をしていたそうだ。
 
いつも通り、ベッドに腰掛け、何気なく靴下を履いていた。
 
すると、ふと、あることに気付く。
 
さっきまで、ソコにあったはずの、もう片方の靴下がない。
 
もちろん、べッドの下を見てみたが、そこには何もない。
 
おば様は、しょうがなく片方の足だけに靴下を履いたまま、しばらく部屋中を探しまわった。
 
しかし不思議なことに、探しても探しても、もう片方の靴下は見つからない。
 
あきらめて、元いたベッドに戻り、腰掛ける。
 
その時、下の方から違和感を感じる。
 
ゆっくりと足元を覗く。

片方の足に、靴下2枚履いてた。
(キャーーーーーーーー)
 
いよいよ自分が認知症になったかと思ったそうだ。
 
 
豊嶋航平


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA